中学生向け学力向上(成績アップ)のための勉強法

中学生 勉強法の重要ポイントは3つ!

中学生向けの勉強法で特に重要なポイントは3つです!

1.現在の能力に合っているかどうか?

2.スピードが重視されているかどうか?

3.優先順位が考慮されているかどうか?

この3つです。このうち1つでもポイントを外していたら成績アップしません。
仮に成績アップしたとしても、長続きしなかったり、伸び悩んだりします。
それでは、これら3つのポイントとは、具体的に言うと、どのようなことなのでしょうか?


1.現在の能力に合っているかどうか?

中学生向け勉強法は大きく分けて2種類と伝えましたが、
既に成績が良い人向けの勉強法ではほとんどの中学生は成績アップしません。

成績があまり良くない人や苦手な人が成績アップ出来る勉強法で勉強する。
これは当たり前のことに聞こえるかもしれませんが、なかなか実現が出来ません。

何故なら勉強法を伝える人のほとんど全てが、
中学生の頃には勉強が最初から出来た人だったからです。

従って、成績の良くなかった中学生が成績アップした方法を知りません。

ほとんどの中学生には成績が良くなかった人が成績アップした勉強法が必要です。


2.スピードが重視されているかどうか?

ほとんどの中学生にとって(特に勉強が苦手な人や嫌いな人にとってはなおさら)、
短期間で一気に成績アップしなくては「やる気」が続きません。

つまり、成績アップにあたってスピード重視が非常に重要です。

とはいえ、だから短期集中で頑張ろう! とか、一気に詰め込もう! とか、
そのような勉強法や考え方は無理があります。
そうではなく、
自然と短期間で成果が出るような理に適った勉強法でなければ意味がありません。


3.優先順位が考慮されているかどうか?

ここで言う優先順位とは「どの学力から伸ばすか?」という順番のことです。

中学生の勉強で成績アップするためには、様々な学力を伸ばす必要があります。 たとえば、読解力、思考力、理解力、記憶力、応用力などいろいろあるのですが、ほとんどの勉強法は短期間で成果を出させようとして詰め込みに走ります。つまり、優先順位の1位は記憶力になるのですが、それは大きな間違いです。
何故なら、記憶力は他の学力に比べて伸ばすために時間がかかるからです。

従って、記憶力に頼る勉強をするのではなく、
先に理解力や思考力など伸ばしやすい学力が伸びるような勉強をして、
それと同時に記憶力自体をアップさせるトレーニングをすることが重要です。

まずは無料レポートから! 中学生勉強法 入門編 「超簡単でお手軽な勉強法」
inserted by FC2 system